スポーツ障害について

スポーツ傷害について

スポーツ傷害について

そもそもスポーツ傷害とは
スポーツ外傷:スポーツ中の1回の外力によっておこるアクシデントによる怪我のこと
スポーツ障害:スポーツ中の一定の動作の繰り返しによっておこる使い過ぎによる怪我のこと
という大きく二つに分けられます。
当施設では特に後者のスポーツ障害に対応しています。
また、使い過ぎによる怪我はスポーツされている方だけではなく、同じ姿勢や動作をたくさんされるお仕事などをされている方にも同様に起こりうる怪我です。
使い過ぎで傷んだ怪我でお悩みの方は是非ご相談ください。

スポーツ選手やアクティブに活動される方に適した施術やアドバイスをいたします

当施設にいらっしゃるお客様は、老若男女問わず、普段からアクティブに活動されている方が多いです。
スポーツ前後のケアのためにいらっしゃる方も、たくさんいらっしゃいます。多くのお客様にお越しいただいている理由は、当施設の施設長が、現役のスポーツトレーナーをしていることにあると思います。
そのため、スポーツ経験者や、アクティブに活動される方に適した施術やケアのアドバイスを行うことができ、それが支持されている理由になっています。
また、場所が観光地の近くということもあって、買い物の帰りや、以前に通りがかって気になっていたという方にも、お越しいただいています。
痛みの緩和だけではなく、痛みの出にくい身体にするための、トレーニングのアドバイスを行っていることも、リピートしていいただいている理由ではないかと思います。

スポーツ障害はなぜ起こる?

スポーツ障害は前述の通りスポーツの同じ動作の繰り返しによる使い過ぎ(オーバーユース)によって起こります。
なので、まずは休めることが先決となります。
しかし、休めて痛みが引いたとしても動作を再開することでまた再発することがあります。
これはそもそもフォームの不良などにより体に負担をかけやすい不良な動作を行っていたり、柔軟性や筋力の不足などによって体に負担のかかりにくい動作が行えなくなっていたりする可能性があります。
当施設では問診や検査などで何が原因かをしっかりと突き止め、その場しのぎの施術だけではなく根本的に怪我をしないための体つくりまでアドバイスいたします。